借金返済の限界はいくら

借金返済をする場合に限界はいくらになるでしょうか?

 

実際どれくらい借金があると危険なのかを調べてみました。

 

よく言われている割合としては年収の35%は限界と言われています。

 

住宅ローンは年収の5倍で、消費者金融やカードローンの場合は年収の3分の1までと言われていますね。

 

35%はもちろん月給にも反映をされますので、毎月20万円のお給料をもらっている方の場合は7万円の返済が生活を維持していく上で限界と言われています。

借金返済の限界は年収に比例する

借金返済の限界について調べてみるとやはりいろいろと問題もでてきます。

 

例えば年収といってもすべての税込みで考えますので、35%といっても家賃、光熱水道費、電話代、通信料などは一切含まれていないことになります。

 

そこをクリアしなければ意味がありませんので年収の35%と言われていても現実的には難しい現状がありますね。

 

それをトータル的に考えてみると可能な借金の返済額は20%が限界と思われます。

 

借金を返済する場合には元金も利息以外にかかることになりますので結構大きな金額が動きます。

 

利息がお金を借りると結構な金額かかりますので気を付けなければあとで大変なことになることも考えられますので注意をしてください。

 

もし、借金返済で悩んでいて月々の返済が利息も含めて20%を超えているかたはすぐにでも法律事務所へ相談に行くことをおすすめします。

 

弁護士ならあなたの借金の状態をみて的確なアドバイスをしてくれます。

 

債務整理の中にも任意整理や自己破産、個人再生などいろいろな方法がありますのでそれを含めて考えてみてはいかがでしょうか?

 

法律事務所も借金で困っている人の相談に乗っているケースが多いのであなたの状態によって的確な対応をしてくれますので安心をしていきましょう。

借金返済の限界額と目安

限界額は年収の20%といえます。

 

もちろん生活を切る詰めることができればもう少し下げることも可能にはなりますがそれでも可能な金額はその程度になるでしょう。

 

30~40%の借金を返済している場合には利息ばかりを返済している状態なのでいつまでたっても元金が減らないという状態に陥っている可能性も高いです。

 

そのようなリスクを避けるためにも法律事務所へ借金の相談に一度いってはいかがでしょうか?

 

相談に関しては無料となっていますので安心をしていきましょう。

 

場合によってはすぐに対応をしてくれて借金が楽になるケースもありますのでうまく活用をしてくださいね。

コメントを残す