借金返済の計算は大事

借金の返済を計算してみましょう。

 

今借り入れをしている金額、会社数、金利(毎月かかっている金利)、完済の予定など今の借金の状態をまずは確認をしましょう。

 

実は借金をきちんと把握している人は整理をして計算をしています。

 

しっかりと把握しておけばいろんな作戦を練っていくこともできますので大事なことです。今、借金の返済で大変と思っているならまずは今の状態を整理しましょう。

 

整理をしてから、実際に返済をしていくことが可能か?しっかりと考えてください。そこで2つの選択肢になると思います。1つめは「借金を返済していくために、金利が高い」など今の状態でも何とか返済をしていけるけれどもちょっとでもラクになりたい。

 

2つ目は計算をしたけれども「どうしようもない」です。

 

どちらの場合でも最適な方法を紹介しますね。

借金返済で金利を下げたい

今の状態からちょっとでもラクになりたいなら、低金利のキャッシングに借り換えをするなど借金の状態をラクにすることをかんがえましょう。

 

その中でも金利は大事です。金利は年利とも言われており、あなたが借りているお金の元金に対してかかる利息のことを言います。たとえば、10万円を借りているときに年利18.0%の金利で借りている場合には月に約1,500円ほどの利息がかかっている計算です。

 

元金を毎月1万円ずつ返済をしていると元金は8,500円返済しているということになります。しかし、金利を下げると利息もさがりますのでメリットも非常に高いものとなります。10万年を年利13.0%で借りた場合には月に約1,070円となります。

 

この場合は元金を毎月約9,000円ほど返済をしていくことができますので金利を下げるだけでも元金を500円多く返済が可能です。年間に6,000円も差が出てきますので今の金利から借り換えをして見てはいかがでしょうか?

借金返済ができない

計算をしたけれどもがんばっても返済ができそうにないなら、法律事務所へ相談へ行きましょう。

 

計算をした結果をもとにいろいろと相談をして下さいね。相談は無料で、依頼をした場合のみお金が発生をする仕組みとなっています。

 

法律事務所へ相談をした場合にはあなたの借金に対して法的に一番いい方法で返済方法を紹介しますので活用をして見てはいかがでしょうか??

コメントを残す