借金返済 専業主婦でも相談できる

実は増えているのですが、専業主婦の借金です。

 

カードローンなど配偶者にある程度お金があるのならクレジットカードやキャッシングでお金を簡単に借り入れをすることができます。

 

もちろん意味があって借り入れをすることもあるでしょう。たとえば、教育資金が足りなかったので借り入れをした。今月の生活費はピンチだったので借り入れをしたなどいろいろとあると思います。

 

しかし、その反面「欲しいものがあったの借り入れをした」「ホストにはまってしまった(男もあり)」などいろいろな事情がありますよね。

 

しかし、配偶者には相談をできないままの状態で利息も高くついており気がついた時には大変な金額になっていることもあると思います。

 

こんな事例があります。

 

妻がサラ金から借金をして返済ができなくなりました。

業者はしつこく配偶者である私に返済をするように言ってきます。

 

詳しく書くと、私の妻は専業主婦でした。もともと実家はお金持ちと言うこともありお嬢さまだったのです。

 

そのため、お金の感覚が一般庶民の私とは全く違っており普通に高級なものを購入していました。

 

それも結構な頻度で購入をしており驚いていたのですが、実は私に隠れても購入をし炊いたみたいです。

 

しかも男友達、女友達も多く飲みに行くたびにカードでご馳走をしていた見た家気がつくと総額200万円もサラ金とクレジットカードで使っていました。

 

利息もついておりどんどん膨らんでいます。

 

妻はこうなった時には大変なことになっていた気がついたみたいで実家のお父さんにも相談をしたのですが、ダメでした。そこで私に請求が来ているのです。

 

これはあくまでも事例ですが、このような風になる可能性が結婚をしている男性なら誰でも有りえます。

 

ここまでなっているなら法律事務所へ相談へ行くしかないでしょう。

 

相談には無料でのってくれますし専業主婦でも返済をしていかなければならない状況であるようで最終的には私が返済をしていくことになりました。

 

結局任意整理と言う方法でこれからは返済をしていくことになったので総額も減らしてもらい金利もなくなったのが救いです。

 

しかし、私もさすがにこの金額を返済していくことに嫌気がさしたので妻とや離婚して本人に返済をするようにしました。

 

このような残念な結果になることもありますが、この旦那さんが借金が返済できないと思ったらすぐに法律事務所へ相談に行っている点は評価ができます。

 

多分そのままではとても返済ができる状態ではなかったでしょう。

 

もし、同じように悩んでいるなら法律事務所へまずは無料相談へ出かけてくださいね。

コメントを残す