借金返済の体験談

ここでは借金返済をする為に、実際にいた方の体験談を紹介します。

 

実際にこんな方がいるのだと驚きましたが、この話は本当で実際に会って話も聞かせてもらいました。

 

結構壮絶な人生を送っているようですが結構明るい女の子です。

 

では、実際に彼女が体験をした借金返済についてご覧ください。

 

借金返済までの道のり

私は28歳OLをしています。名前はMと言います。

 

私の借金の始まりは、些細な事でした。私は学生時代から出来のよい方ではなかったのですが唯一高校の時にお世話になった先生がいます。

 

将来、英語を使った仕事に就きたいと思っていましたが私の希望をする進学先がなかったのです。

 

しかし、先生が自分のプライベートを犠牲にしていろいろと探してくれ、その夢がかなう大学を見つけてくれ日々補修をしてくれ進学をさせてくれた「恩師」でした。

 

実は同じような境遇の同級生がいて3人でたまに会ってはご飯を食べに行きます。

 

そんなある日に先生から相談があったんです。かなり重い話でした。

 

先生は借金をしていると告白をされました。どうやら趣味に使ったとした言いませんがその借金の総額が500万円。

 

その取り立てがスゴイ見たいで単刀直入に「お金を貸してほしい」と言われました。

 

家まで取りたても来ているみたいで家族にいつばれてもおかしくない状態みたいです。しかし、そんな大金を20代前半のOLが持っているわけありません。

 

ここからが私の借金地獄の始まりでした。

 

先生の変わりに借金のない私たち2人が代わりにお金を借りて貸すという話になったんです。

 

その時はお世話になった先生を何とか助けたいとおもった行動でした。もちろん私たちが貸したお金は先生が返済するからという約束でした。

 

結果私は3社から総額300万円、友人も3社からで200万円を借り入れして先生に貸しました。

 

借金の返済が止まった??

そこから数か月は先生から毎月私の口座へ借金の返済額が振り込まれていましたが、徐々に金額が少なくなっていき私が肩代わりをするようになりました。

 

しかし、私もOLで月に20万円程度のお給料なのでとても300万円の返済額には手が届きません。

 

ここで、私は大変なことをしたことに気がつきました。

 

先生にお金を貸しているといっても借金をしているには私。。。

 

つまり、取り立ての会社からは私に電話がかかってきます。

 

結構怖い電話もありましたので先生に電話をすると「お客様のかけた電話が現在使われておりません」。
(解約されていました)

 

職場へ電話をすると退職をしている。

 

つまり、騙されていました。

 

友人も同じ行動をとっていたようでここで私たちは大変なことになっていることに気がつきました。

 

その後はキャッシング会社からの取り立てもあまりにもひどく、電話も職場までかかってくるほどでした。

 

安易にキャッシングに手をだしたことを後悔した瞬間でした。。。

法律事務所へ相談

現状ではどうすることもできないので、法律事務所へことを敬意を話ました。

 

しかし、私に場合はまた貸しという状態で実際に先生に貸したという証拠もないので請求をすることは難しいと言われました。

 

つまり、泣き寝入りと言うことです。

 

もちろんこの時点でブラックリストになっています。

 

法律事務所出言われたことは「任意整理」をして金利を下げて元金のみの返済に切り替えることでした。

 

借金がなくなるわけではありませんが今の状況からは脱出を出来るみたいです。(取り立てがなくなる)

 

幸い取り立ては無くなって借金事態も減ってきました。

 

借金を抱えたこと、先生が逃げたことは驚きましたが法律事務所へ勇気を出して相談をしたから今の状況があるのだと思います。

 

今は200万円まで借金が減っています。

 

まとめ

この女性は不運というか状にアツいというか・・・

 

借金を抱える事になりました。

 

そんな時に一人で悩んでいても解決をすることはないです。そんな時には法律事務所へ相談へ行く方が早いと思います。

 

相談は無料で匿名でも可能なので借金で悩んでいるならお金のプロである法律事務所へ相談へ行くことをおすすめします。

コメントを残す